INFORMATION

コペルズ Coperus

WE SOCIALIZE

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon

​コペルズ Coperus

"Plastic Whale"

2018 September 28th - 30th

In SBC STUDIO (Brooklyn,NY)

In 2017, President Trump announced a separation from the International Association for Global Warming Countermeasure, “The Paris Agreement.” Even world and economic leaders were surprised by this decision when not a day passes by where we don’t hear about environmental issues. 

We formed “Coperus” with the belief of doing something “for the children” of the next generation. The first installation we chose to do focuses on our home on the planet and the issues we must confront. In particular, we wanted to call attention to the problem of plastic waste. Especially concerning has been the news of the dead bodies of whales rising out of the ocean all over the world. What was really shocking was the massive amounts of plastic that came from the bodies. These small accumulations of plastic waste from our daily lives even affected the whales swimming far away.

This July, the fact that a major coffee chain decided to ban plastic straws by 2020 was something new to memory. In Brooklyn, where two of the Coperus members live, there’s a “package-free shop” that handles products without the use of any plastic. Plastic has become so ubiquitous and convenient in our modern lives that it would be hard to imagine a life completely without it. But if we all do out part to reduce the use of plastic even a little, it’s possible to make a drastic change. We pray that our work can inspire others, and ourselves, to make a difference. It’s our negligence that will cause the “children” of the next generation to suffer. 

2017年 トランプ大統領が地球温暖化対策の国際枠組み”パリ協定”より離脱を発表しました。近頃環境問題に関するニュースを目にしない日はないほど活発に議論されてはいますが、それに反し世界のリーダーが下した結論に各国、そしてアメリカ国内の経済界首脳も驚きを隠せなかったでしょう。

 

次世代の”子どものために”を掲げて立ち上げられた私たちコペルズが最初に着目したのが、人類にとっての生きる場所、地球の環境問題でした。特に目を引いたのがプラスチックごみ問題。

 

そのきっかけになったのが今年世界各地でクジラの死体が打ち上がっているというニュースでした。驚かされたのはその体内から出てきた大量のプラスチックごみ。私たちの日々の積み重ねが遠く海を泳ぐクジラにまで影響を与えてしまっていることに愕然としました。

 

そんな中今年7月、大手コーヒーチェーンが2020年までにプラスチックストローを全面廃止を発表したことは記憶に新しいと思います。コペルズメンバー二人が暮らす街ブルックリンにはプラスチックを使用しない製品だけを取り扱う”パッケージフリーショップ”もできています。我々現代人にとってプラスチックはあまりにも近くて便利な存在になりすぎてしまったので、今すぐにプラスチックゼロ生活を目指すことはとても難しく現実的ではありません。しかし私たちそれぞれが日々のプラスチックを5分の1程度減らすことを心がけるだけで 世界は大きく変わると思うのです。今回の展示が私たちコペルズのメンバーも含め、みなさんにとってそのきっかけとなることを祈ります。

 

私たちの怠慢で 次世代の”子どもたち”が苦しむことになるのですから。